スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須塩原かもしか荘の温泉



本日の曲(文字をクリックする
と曲が聴けます)

虹色の湖
中村晃子とザ・ジャガーズ


昭和のレトロが漂う曲。なかな
か良い雰囲気です。

本日のテーマ

完全な休日がめったにとれない
のですが、温泉地に近接する地
理的環境という絶好の条件を活
用。隙間時間を利用してはいろ
んな場所に出かけます。

温泉地でよく訪れる場所は、旧
足利家の拠点でもある喜連川、
日光、鬼怒川方面、近隣の那須
以外では塩原方面へも時々足を
のばします。

その昔この地で尾崎紅葉が「金
色夜叉」を書きました。夏目漱
石、田山花袋、谷崎潤一郎、斎
藤茂吉なども塩原温泉を探訪、
文学的情緒の漂う土地柄でもあ
ります。

会津若松近郊の東山温泉も竹下
夢二や新撰組の土方歳三とゆか
りが深く、レトロな文学的雰囲
気の漂うひなびた温泉地ですが、
塩原はさらに規模が大きいです

食事をとり、温泉に浸かった後
は、ぶらぶらと街を散策してみ
たくなります。いたるところ昭
和の懐古趣味的残映が生き残る

これで木造建築の映画館とかア
ールデコ様式の喫茶店とかあっ
たら最高なのですが。

塩原温泉でおすすめは「かもし
か荘」
でしょう。経営は大江戸
温泉グループ。入浴料、宿泊料
ともリーズナブルな割に、やや
高級感も漂うプチブルジョアの
雰囲気。私の印象では年金生活
の御老人たちに大人気。連休と
かは、東京方面から家族連れも
やってくる。

泉質はかなり良い。循環なしの
天然温泉。ナトリウム、マグネ
シウム、鉄分が濃いです。保温
効果抜群。源泉近くが茶褐色に
染まるくらい鉄分豊富。特に女
性の方の体に良さそうです。

屋上に露天風呂がありまして深
山渓谷のパノラマや塩原温泉街
などが展望でき、なんとも言え
ない開放感があります。源泉の
温度は内湯よりやや高め。天然
温泉のため日によって赤茶けた
湯の花が浴槽の基底部に薄く積
もっていたりする。こちらも内
湯同様、保温効果抜群。腰の痛
みや神経痛などすぐに治ってし
まう。自然の恵みのありがたさ
を感じるひとときです。

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

早乙女温泉



本日の曲
(文字をクリックすると音楽が
聴けます)

阿川泰子
She~Senior Dreams


私個人は昔から阿川泰子は大好
きでありまして、疲れがひどい
時、聴くたびに癒されます。

さて本日のテーマ

栃木に散在する天然温泉の中で
ずば抜けて変わった泉質という
ことで全国の温泉マニアたちの
間で高評価なのが、旧喜連川市
=現「さくら市」の早乙女温泉
であります。平地に湧く極端に
塩分の濃い硫黄泉でして冬は特
に保温効果が抜群です。

あたり一面、強烈な工業油系の
臭気(モール臭)が漂い、温泉
の色も、昼から夕方にかけては
透明感のある、まるで宝石みた
いなエメラルドブルー、ときに
乳白色に近い青緑色という具合
で、時々刻々、文字どうり七色
に変化
します。湯治目的では糖
尿病や皮膚病、神経痛、筋肉疲
労等に効果が見られるそうです

源泉の温度はやや高め。5分も
浸かると額に汗がじわーっと滲
み出てくる感じ。洗い場にも源
泉が供給されている。ただし泉
質が強すぎてボディーソープや
石鹸類と化学触媒上の相性が特
異的に合わないらしく、髪を洗
うとパサパサになるので要注意

早乙女温泉に入った後は、次の
日くらいまで(決して不快でな
い)工業油系のモール臭が体全
体から抜け出ません。人により
好き嫌いはあるかも知れない。
しかしこの他に類例を見ない個
性の強さが早乙女温泉の魅力

と思います。

温泉マニアとも称すべき広範囲
な入浴癖があり、珍しい、自己
主張の強い独創的な硫黄泉を体
験してみたい人に絶対のお薦め。

早乙女温泉HP

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

芦野温泉

芦野温泉

那須高原から少し離れた芦野の
山奥に「芦野温泉」があります

江戸時代、奥州街道の宿場町だ
った芦野宿跡地みたいな町並み
が近辺に残っており、その昔松
尾芭蕉が訪れたーーただし当時
まだ温泉は発見されずーーーの
だそうです。

車でここへ向かう途中、狐を見
かけたことがある・・・という
ぐらい周囲は鬱蒼とした森林地
帯・さみしい別荘地で「まさか、
こんなところ・・・・・」と誰
しもが思うような辺鄙な場所に
近代的温泉宿泊施設群が忽然と
現れる。

芦野温泉は、昭和三十年代の木
造学校建築を想起させる大規模
な建造物。江戸の情緒もほのか
に漂わせる演出的雰囲気。

年長者の湯治客をメインとした
にぎわいを見せる。宿泊客を対
象にした薬膳料理はなかなかの
評判。人情ものの芝居なんかも
定期的にやっている。いかにも
爺さん、ばあさんたちが大喜び
しそうだ。

芦野温泉が何よりすごいのはそ
のずば抜けた泉質であります。

PH=アルカリ度が9.89と桁違
いの数値。その影響でぬるぬ
るつるつるした一種独特で濃密
な触感。特に皮膚病に効果的


聞くところによりますと那須の
御用邸内に湧く温泉と同じ泉質
らしい。

さらに特筆すべきは二種類の薬
湯であります。

濃い茶褐色の広大な薬湯は質量
共全国有数規模かと思われる。

その薬湯施設内に入った途端、
漢方の強烈な臭気が鼻を突く。
薬湯の温度は、熱くもなく、
ぬるすぎもなく適温といえる

ただし、あんまり長時間、浸か
り続けていると男性性器の先端
部分がピリピリしてきて「熱い
痛い。やけどしたかな」みたい
な超異常感覚に襲われる(笑)
薬湯に溶け込んだ含有成分の働
きによるものか。こちらは婦人
病に効果が見られるとの話です

肩凝り神経痛、腰の痛み等体調
を崩された特に年長者の方につ
き湯治目的での滞在に最適です。

芦野温泉HP

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

農本主義、エコロジー、地方自治3

地域の村おこしで成功した事例
にはどんなのがあるだろう。

緑豊かな自然環境と温泉施設、
昭和のたたずまいを持つひなび
た街並みで客寄せに成功した事
例として有名なのが熊本の黒川
温泉郷
である。

単なる環境保全型エコロジーで
はなく、「人手」を介した人工
的自然、イメージとして仮構さ
れ、巧妙に自然生態系に融和し
た環境が意図的に造形
されてい
る。舞台装置を一貫する造形計
画や思想はーー見えざる神の手
のごとくーー隠蔽され決して表
に出ることはない。

庭の草木や建物の木窓の造りに
までいたるデティールへの徹底
したこだわり。街全体を昭和風
のレトロ美学で統一しまとめる
にあたっては、実のところ、地
域の開明的英知とでもいうべき
強いリーダーシップと、いずれ
都会に住む大勢の人たちが、高
度経済成長下の企業戦士といっ
た己の立場に疲れ果て、鎧兜を
脱ぎ捨て魂の飢餓状態を癒しに
ここを必ず訪れるだろうという
確固たる先見の明が存在した。

田山花袋の「温泉めぐり」に出
てくるかのごとき、昭和の文豪
たちが、執筆のため訪れ、温泉
地に長逗留しながら続けた自身
の創作過程それ自体がすでに物
語であり文学であるに違いない
ロマンチックな風情がここに存
在している。

私の知る限り、この種の文学的
情緒を感じる場所としては、
崎紅葉が逗留した栃木の塩原温
泉。竹久夢二が訪れた会津若松
の東山温泉
といったところか。

大勢の観光客に夢と癒しを提供
する黒川温泉郷は、全国各地の
温泉観光地から学習すべき手本
商業的成功事例として着目され
今日へと至る。教訓は実に豊富
である。

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

福島県新甲子温泉五峰荘

五峰荘温泉1
精神的・肉体的疲労がひどい、
あまりゴミゴミしてない静寂に
満ちた山奥の温泉旅館にて誰か
らもわずらわされずにゆっくり
休息したい・・・・

・・そんな方には、那須高原と
会津若松の中間地帯にある福島
新甲子温泉、そこの五峰荘と
いう宿
がお薦めであります。

新甲子温泉五峰荘

メインの観光スポットからは微
妙にはずれている。しかし、足
を伸ばせば那須高原にも、会津
若松へもすぐに到達できる距離。

古民家群がとびきりレトロな観
光スポット「大内宿」もすぐ近
く。

シーズンとかでなく、平日に有
休休暇がとれるとか、時間をあ
る程度は自由に調節可能でかつ
シーズンオフに出てこれるので
あれば、掛け流しの良質な天然
温泉を独占状態で楽しめたりす
る。

尾崎紅葉が「金色夜叉」を書い
たのは、塩原温泉らしく、今で
も文豪が原稿を書いた部屋が残
されているという。戦前の自由
主義思想家・河合栄治郎なども
評伝や本人の書き残した随筆を
見るかぎり、大学の講義を終え
た週末の2~3日山奥の温泉旅館
にこもって論文を書く習慣があ
った。

質の良い仕事に集中するため、
思い切って環境を変えてみる

そのことで斬新な発想を獲得
でるかも知れません。




五峰荘温泉2






にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村
プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。