スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市計画の哲学2

都市計画思想家L・ヴェネボロ
が「近代都市計画の起源」で明
確に描き出したように、近代都
市の設計思想の基盤には、シャ
ルル・フーリエやロバート・オ
ーエンら初期社会主義者たちの
思想的影響がありまして、功罪
相半ばする巨匠ル・コルビジェ
のユニテもその影響下にあるの
は明らかでしょう。

調和の空間をめざした都市空間
がなぜ環境破壊と人間疎外へと
転落していったのか。ここでも
社会主義思想一般や理想社会に
関する人類史的試行の悲劇性を
垣間見る思いですが、初発の人
間認識・社会認識そのものの中
に根本的な誤謬があったものと
私は考えます。都市空間は何よ
政治的空間なのでありまして
社会階級というよりも利害の異
なる各社会勢力相互間の生存競
争ーー対立・葛藤・複雑骨折等
を含んでいる。

相対立する闘争的空間にあって
は、その政治力学が、各社会勢
力ごと独自の集合的エゴイズム、
利益と快適性を求めて他と激し
く衝突する、その敵対的諸力の
交通整理と場外乱闘にならない
ための共通のルール作り、個別
の利害関心や社会的特性の決し
て平等でも均質でもない特殊性
的区別を認めた上で役割分担ご
と組み込む努力
というのが必要
とされた。空間設計においては、
この現実性への斟酌が何より大
事です。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

都市計画の哲学

都市計画の持つ本来の理想とい
うべきものは、ゼネコンや特定
の社会勢力のあくなき利潤追求
=グローバル資本や群小資本家
的欲望の増殖課程から副次的に
派生するものではなく、美学と
して容認できることは勿論「公
共」へと臨機応変に参入可能な
広範囲の人民主権=一般意志の
意向及び環境権と関わる自然主
権的意志によって、その造形哲
学が決定されていくべきもの

あります。それらの公共的建設
行為は、人々の変容されること
なき主権が、媒介物なしに、な
をかつ、生態系における人間の
主体と自然の主体が衝突するの
でなく、予定調和として、相互
がお互いを生かし合う形で反映
されるのがごくごく自然な流れ
であります。また、そうでなけ
ればならない。

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村
プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。