スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日露戦争研究の決定版ーー最近の読書より



本日の曲(文字をクリック
すると曲が聴けます)

坂本九 明日があるさ

有名ですが個人的にも
大好きな歌です

さて本日のテーマ

神風特攻隊について書かれ
た文献では、森史朗著「敷
島隊の五人ーー海軍大尉関
行男の生涯」が感動的だっ
た。特攻隊の生みの親でも
ある大西滝治郎の副官を務
めた門司親徳の「空と海の
涯でーー第一航空艦隊副官
の回想」も読み応えのある
第一次資料という感じがし
ました。特攻隊でお國のた
めに死んでいった御英霊に
日々感謝の祈りをささげる
毎日です。

文脈は違いますが、旧陸軍
部内で、非常に困難な状況
下密かに終戦工作に従事し
た松谷誠元大佐の著書「大
東亜戦争収拾の真相」「革
命の戦争史的考察」なども
熟読する。戦争に終止符を
打つべく奔走した陸軍内部
の暗闘は、海軍や外務省と
比べ、今まであまり光をあ
てられてこなかった印象で
す。何かをはじめるという
以上に「何かをやめる」と
いう決断にも困難と勇気を
伴う。東郷和彦氏の祖父で
終戦時の外務大臣を務め、
昭和天皇の最後の決断に大
な影響を与えた東郷茂徳
などもこの問題と向き合っ
た一人であります。

撤退戦に習熟していなかっ
たことが、旧陸海軍共通の
問題点だったのだと思いま
す。一時的撤退が敗北を意
味するのでないことは戦略
思想の常識といっていい。
「統帥綱領」や「作戦要務
令」における戦略と戦術の
批判的検証が必要でしょう

長南義政著「新資料による
日露陸戦史ーー覆される通
説」
読み始める。谷寿夫著
「機密日露戦史」にて敷衍
された通説を新資料等縦横
無尽に駆使しながら徹底修
正していくダイナミズムは
大いなる知的興奮を喚起す
る。値段が高いのが唯一の
難点なるも読み応えは十分
にあります。ありきたりの
通史に満足できない方にお
すすめ。とりわけ乃木司令
部への正当な歴史的評価と
位置づけはおおいに是認で
きる箇所。司馬史観などは
そろそろ卒業すべきであり
ましょう。(もちろん司馬
の文学がおもしろいのは私
も十分認めつつ)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

那須動物王国





本日の曲(文字をクリック
すると曲が聴けます)

山ねずみ
ロッキーチャック
OP&ED


動物アニメの古典的傑作

曲も「神曲」といえるほ
どの歴史的名曲です

さて本日のテーマ

那須動物王国にでかけまし
た。身近な場所に住んでお
りながら訪ねる機会があり
ませんでした。愛猫ニャン
の死による精神的ショック
は大きく、いわゆるペット
シック症候群になってしま
った可能性もあります。動
物たち、とりわけ猫科の生
き物と触れ合うことで傷が
いくらか緩和される訳です。



下記の写真はアムール山猫



時間の関係で見そびれまし
たが、猫のショーがあるら
しい。世界的にも珍しいと
か。近々また再訪する予定
です。

10月のいずれか、伊勢神宮
に参拝しますのも、仕事の
こと、ニャンのこと、今ま
での経緯に関します感謝の
お祈りとニャンの転生、こ
れからの先の我々の全般的
流れなどをお願いすること
が大きな眼目となります。

下記は近くにあるカーミュ
ージアム内の車。世界の名
車が鑑賞できます。





神風特攻隊を追悼する2


本日の曲(文字をクリックする
と曲が聴けます)

奥井雅美 -紫音- sion

実力派の歌手・奥井雅美作詞作
曲で本人が情感豊かに歌いあげ
た名曲。歌詞の内容が特攻隊の
精神を現代人の視点から表現

ている・・・と解釈することも
可能です。

さて本日のテーマ

神風特攻隊としてお國のため散
華された或る人物につき集中的
に調べ続けている。彼は神風特
攻隊敷島隊隊長で特攻第一号と
なる関行男大尉の後輩にあたる。

海軍兵学校出身。スポーツマン
でさわやか。活発。明るい性格
正義感が強い。いかにも勇敢か
つ優秀な人物です

周囲の人物にも或る人は特攻隊
として、或る人は、戦史に残る
輝かしい戦果をあげて死んでい
った限りなき勇者の殿堂に連な
る人たちが多い。

三島由紀夫が中篇小説「午後の
曳航」で描いて見せた海の男へ
の憧れ。英雄的で孤独な「男ら
しい男の死」を体現できた人物
として三島が生涯憧れ続けたよ
うな魅力的側面を持っている。

靖國神社に祀られし護国の軍神
であり、文字通り偉大な英雄な
のであります。

同時に彼がもし今の時代に生き
ていたと仮定した場合、どんな
人生を辿っていたかと想像して
みる。責任感と正義感の強い勤
勉な人間として日々社会貢献し
つつ平凡で幸せな家庭人として
目立つことなき健全かつバラン
スのとれつつもやや愛国的ベク
トルを帯びし寡黙なサイレント
マジョリティの一員として平和
な人生を送ったのではないかと
思われます。

軍国主義の日本に戻るというの
でもない。特攻攻撃を唯一至上
のものとして讃美するのでもな
い。ましてやアメリカと全世界
を相手にもう一度戦争しようと
いうのでもない。國家と民族、
身近な人たちの尊厳ある日常と
生命を守るため、自己犠牲的で
意志的主体的な死の選択を運命
的に余儀なくされた人たちの、
あえて言うならば「実存的な死
の必然」を歴史的現実として受
け止め、英雄的な悲劇にまつわ
る考察を多角的に深めること

は奥深き意義がある。

彼が命を賭けて守ろうとしたも
のは一体何だったか。今日の時
点でそれを守るとは一体どのよ
うなことなのかさらに考えてみ
る必要があります。

こちらは関行男大尉


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。