スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品添加物と鎖国攘夷思想



本日の曲(文字をクリックす
ると曲が聴けます)

Martha My Dear -
The Beatles

私の好みとしましてはビートル
ズに関しほぼマニアと言える領
域でありましてーー上には上が
いるとは申せーー六本木にある
ビートルズ専門店でそっくりさ
んバンドが生演奏で聴けるキャ
バンクラブに過去約10年近く
通い続けました。マーサマイデ
ィアはホワイトアルバムB面の
曲ですが名曲だと思います。

さて本日のテーマ

鎖国攘夷思想的な部分均衡倫理
とでも称すべき国内における特
殊かつ適正な倫理審査基準が、
グローバル経済下における普遍
的バブルの世界観=国際標準と
しての一般均衡倫理によって破
られるといった破滅的傾向は食
品添加物や環境生態学=エコロ
ジーといった側面におきまして
露骨に顕著なのであります。

具体例をあげて見ましょう。
化防止剤BHAの発ガン性
が動
物実験から明らかとなり、厚生
省がいったん禁止処分したにも
関わらず、欧米各国からは輸入
制限=貿易阻害要因として受け
止められ、それらの外圧に各役
所の省益やら利害関係当事者の
政治圧力が加わり結局禁止を解
除した経緯等がございます。

脳腫瘍との強い相当因果関係が
疑われているアスパルテーム

1983年に使用許可となった
要因もアメリカ側からの圧力と
いう側面が大きかった。外圧当
事者であるところのアメリカ国
内に異論や警告を発信する良心
的学者や専門家が複数いたにも
関わらずそうなった訳ですね。
とんでもない話だと思います。

グローバル経済下におきまして
操作的・誘導的・サブリミナル
的に増殖された欲望に、購買意
欲をそそる商品群を意図的に投
下することで剰余を獲得する資
本の延命システムは、食品添加
物の各種事例におきましてその
あこぎな典型を見いだすように
個々の消費者の健康や食の安全
性を犠牲にして成り立っている
と言えるのであります。割高に
なったとしても厳正な倫理と安
全を選択する方がより賢明かと
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。