スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テロと戦争の時代


本日の曲(文字をクリック
すると曲が聴けます)

Snap -
The power


90年代テクノハウス
系ラップの名曲です。
非常に気に入ってお
りまして、今でもお
りに触れ時々聴きた
くなります。

さて本日のテーマ

テロと戦争の時代がやってきた
と、最近、いろんな論者たちが
指摘しています。今回のテロ事
件、安倍と外務省の失策・「大
チョンボ」という側面はたしか
にあるでしょう。虎の尾を踏ま
ぬよう慎重に動くやり方は他に
あった筈。

最初期の段階での迅速な情報収
集、冷徹な損益計算及び清濁併
せ持つところのリアルでシビア
な裏取引きと、感情論に走るこ
となき巧妙な「火消し作戦」等
柔軟戦術が必要であったのは明
らかで、イスラム法学者中田考
のーー好き嫌いは抜きにして
ーー専門家独自の特殊的かつ中
立的な介入が必須でした。意見
を聞き、政策提言を受け入れ、
特使・交渉担当として役立って
もらう等々ーーーボヤボヤして
るうちに最適ベストなタイミン
グを見失ったのは明らかであり
ます。

しかし同時に「大チョンボ」だ
ったからと言って安倍と外務官
僚たちが無能かつ怠慢だった訳
では決してありません。

大きな事件が起きる時というの
は組織やシステムの機能不全や
経年劣化・金属疲労から深刻な
問題群が派生していることも多
い。「あいつのせいでこうなっ
た」式の悪者探しは厳に慎むべ
でしょう。失敗の原因を冷静
に分析し再発を防止するため未
来へと向けた教訓を確たる指標
として導き出す必要があります

最適ベストな緊急非常事態への
備えを所持し、グローバルスタ
ンダード的に見て、法的倫理的
に正しい姿勢を貫徹しようとも
不意を突かれる、こちらが正義
善であったとしても「何者か」
に背後からいきなりどつかれる
攻撃されることーー偶発事態へ
の予期せぬ巻き込みーーは今の
時代十分ありうる。自覚しよう
がするまいが、恰好の「標的」
になりうるほど日本は大きな国
家なのであります。

テロリストたちをイスラム教徒
だと見なすことはできないし、
彼らの行為には一点の正義もな
い。後藤さんは、日本の勇敢な
サムライとして、同胞を救うた
め、命懸けで敵陣に乗り込み、
対テロ戦争の最中にて壮絶な戦
死を遂げた
のが明らかでありま
す。後藤さんの死を無駄にしな
いためには何が必要か。(続く)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。