スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村山談話・河野談話の継承ーーその2ーー



本日の推奨映画
(文字をクリックすると観
れます)

愛のきずな

1969年2月15日公開

松本清張原作『たづたづし』

坪島孝監督

小川英脚色

園まりの魅力が全開

昭和のレトロな雰囲気が最高

さて本日のテーマ

村山・河野談話の発展的継承と
いう点において、過剰な自己批
判や歴史の歪曲でなく最もバラ
ンスのとれた冷静な分析と現実
的提言をされているのは、私の
知る限り元外交官の東郷和彦氏
ではないでしょうか。東郷氏の
論説は、左翼的自虐史観ではな
いのは勿論かといって右翼的開
き直りの、時流に迎合したとこ
ろの、感情的好戦的論理展開で
もない。慎重で、用心深く、中
庸をわきまえた紳士的意見なの
であります。

歴史に対し無反省な右からの対
中批判は、長期的視点から考え
るならば、むしろ日本の国益を
損ね、中国国内に強固に存在す
るところの軍産複合体と軍関係
者を活気づけることになりかね
ない。「中国の軍事力ー2020
年の将来予測ーー」芽原郁生編
著(蒼蒼社)加藤青延論文
が述
べているような中露間における
軍事同盟の危険性ということも
視野に入れておかねばならない

(上記参考文献は、分厚くて高
価ですが密度が濃いのでお薦め
です。加藤青延氏はNHK時論公
論にて中国の政治解説が専門)

たしか東郷氏も別の角度から同
様の結論へと至る独自の現状分
析をされていたように思います

アメリカと日本の強固な同盟関
係と関係諸国による露骨な対中
国包囲網は中国とロシアの接近
を招き、軍部の権力を高め、た
だでさえ不安定な習近平政権を
さらに複雑な権力闘争へと誘導
することになりかねない。経済
のグローバル化に伴い、諸国家
間の政治的対立状態が必ずしも
商業交易上の阻害要因とならな
い摩訶不思議な新時代とは言え
地政学的衝突も含めた軍事的緊
張関係はなるべく減らした方が
賢明なことは申すまでもないで
しょう。

人民日報の或る論者が珍しく明
晰かつ公正で論理的自己解剖学
的な分析を展開していたように
東シナ海でもし万が一軍事衝突
が発生した場合、どちらが先制
攻撃をかけた、かけなかったに
関係なく、すべての関係当事者
・プレイヤーが一挙同時的に敗
者と化す。誰も得をしない。

河野村山談話の継承というのは
あくまで現時点における最もリ
アルな戦略的視点から「敵を挑
発し相互間における対抗形成的
力学や戦力ベクトルを無限に高
める方向(クラウゼヴィッツが
戦争論で述べているが如き)を
極力回避する形」
で検討されて
いかねばなりません。

巧妙な時間稼ぎと軟体動物的柔
軟戦術を並行しながら、カメレ
オンみたいに四方八方に目を配
りつつ抜け目のない断固とした
戦力の拡充と迅速かつ臨機応変
な機動的防御、同盟国との賢い
連携が求められているのであり
ます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。