スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インダストリー4.0はトヨタを超えるか

近年ドイツではじまった先進的
生産システム「インダストリー
4・0」は、大野耐一創案の世
界に誇るトヨタシステムを超え
るか否か。私の印象を言えば、
トヨタシステムがテイラーの延
長線上にあって、完全に大量生
産に特化した思想であるのに対
し、インダストリー4・0は、
大量多品種、少量多品種、少量
少品種など多彩なバリエーショ
ン可能である点、トヨタよりも
数段優れている。

なをかつトヨタシステムがカイ
ゼンにつぐカイゼンを標榜し現
場の労働者に対し、無駄はない
が時に過酷な多機能ロボットを
強制してくる傾向があるのに対
し、インダストリー4・0が持
つ潜在可能性は、必ずしもスー
パーパフォーマーでない人たち
窓際族や老人、障害者の人たち
に社会参加の場を提供する。人
々各個が持つそれぞれの能力、
個性、長所、欠点に合わせた形
での労働供給を可能とする。

3Dコンピューターみたいな商
品需要サイドにおける多品種を
実現するだけでなく、労働供給
サイドにおけるオーダーメイド

も到達圏内に入ってくる。

これは画期的ですごいシステム
だと言える。

しかし、グローバル化の構成要
因の一つが「相互依存・相互補
完関係」にあるように、トヨタ
システムとインダストリー4・0
は、敵対関係というより、相互
に融合しつつ、より優れた混和
が可能でありましょう。とりあ
えずは基礎の基礎から学ぶ、優
れた教師を招聘し、初歩的模倣
からはじめるべきは理の当然。

インダストリー4・0関係の資料
を渉猟する。マンキューの経済
学、テイラーのスタンフォード
大学の講義録を読む。経済学は
初歩の初歩が大事。なのに概念
規定につき論者の意見はしばし
競合的論争的違和を生じる。

玄洋社がまた気になりだした。
大川周明の日記と並行して、中
島岳志氏編纂によるところの大
川周明著「頭山滿と近代日本」
を読んだことによる影響が大。
「東亜先覚志士記伝」の再読を
はじめる。玄洋社というより戦
前におけるアジア主義の長所と
短所、限界などがはっきり出て
おり、強烈なイデオロギー色は
あるものの資料的価値は高いと
言われる。もちろん磁石みたい
な思想的魅力も兼ね備える。そ
れだけに緻密な検証が必要でし
ょう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。