スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手段としての宣伝



本日の曲
(文字をクリックすると音が聴
けます)

Blue Bossa - Eddie Higgins

Eddie Higginsは好きでありま
してよく聴きます。特に精神状
態の悪い時に気分転換のように
して聴くと落ち着くのでありま
す。ソニーのアンプ、ボース社
のスピーカーといった組み合わ
せが最適ベストのようです。

さて本題へと入りましょう。本
日のテーマは手段としての宣伝
です。

一般的に誰しもが知っているよ
うに今や情報というのは、点で
もなければ線でもない、社会や
人を動かす力=ベクトルとして
の商品価値なのでありまして
「売れ筋の情報商品」と「あん
まり売れない情報商品」という
ものが歴然として存在するので
あります

たとえばここに「道徳倫理学序
説」
という情報商品と「隣の奥
さん昼下がりの情事」
という情
報商品があった場合、どちらが
より売れるかといえば、間違い
なく後者のほうがより一般的に
は売れる
でしょう(笑)

頭が痛くなるような哲学的文体
で書かれてある800ページもあ
る「道徳倫理学序説」の情報商
品を一万円で買って、すみから
すみまで熟読する人がいたとし
たらーーーいなくはないでしょ
うがーー奇人変人か政治学で言
うところの原理的反対政党のご
とき極少数派の類いだと言わね
ばなりません。

「道徳倫理学序説」の作者がい
たとして、この情報商品でどう
しても伝えたい重要なことがあ
る、しかし、そのまま出しては
誰も買わない読まないけれど、
「隣の奥さん昼下がりの情事」
という情報商品の中に形を変え
文学的表現に織り交ぜつつ、そ
の思想を巧妙に忍び込ませると
いうやり方があります。

隣の奥さん昼下がりの情事
でまず釣っておいて
から次に
「道徳倫理学序説」の世界へ
と順番を追って誘導していく

いきなり「道徳倫理学序説」
を出さず、ちょいとばかり
「隣の奥さん昼下がりの情事」
なんかどうですかとやってみ
る。もちろん心理作戦です。

「隣の奥さん昼下がりの情事」
に含まれる商品の魅力を見せて
情報商品をぜがひでも欲しいと
思う購買意欲を高め、まず買い
手の手を伸ばす行為を誘発する
ことが重要な第一歩として必要

なのは戦略的に見て言うまでも
ありません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。