スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会のモンスター化に関する考察1


本日の曲
(文字をクリックすると曲が聴
けます)

トライアングルラブレター

トライアングルはポストキャン
ディーズの最有力候補だった。

様々な不運に見舞われ開花しな
かったのが残念です。

さて本題

土下座は文化だと言った人がい
る。土下座する人させる人それ
ぞれの持つ社会的背景と主張、
心理的必然は当然あるでしょう

自己の権利を威丈高に出張し、
他者の持つ自由を蹂躙してまで
自己のエゴイズム的な願望を貫
こうとする人たちの増加傾向と
いう社会の果てしなきモンスタ
ー化はいかにして起きてくるの
でしょうか。ルソーとフランス
革命が産み出した価値基準つま
り「自由」と「民主主義」自体
からおそらく発生している

自由という場合、それが何から
何に向かっての、いかなる種類
における自由なのか。
他者の持
つ生存権としての権利まで侵害
する自由は果たして自由といえ
るのか。

ルソーとマルキドサドの違いは
何か。どこが分岐点か。

民主主義と言う場合、民が主に
なるべき民といった場合の民の
主体がその内実においてモンス
ターペインシェント的民と言っ
た質であった場合
、その民主主
義は、ファシズムよりもいくら
かましだと本当に言えるのか。

ジャン・ジョレスとジョルジョ
ソレリはどう違うのか。

むしろカール・シュミットは正
しかったと言えないだろか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。