スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積極的保守思想と消極的保守思想1



アナウンサーとして活躍中

本日の曲
(文字をクリックすると音楽が
聴けます)

La vie , La vie --
Michel DELPECH


ミッシェル・デルペッシュは大
好きでありまして、今でもよく
聴いたりします。落ち着いた名
曲も多い。基本的にはポールマ
ッカートニーの影響が大きい人
だと思います。

さて本日の本題です。

専守防衛的発想に見られるが如
き消極的保守思想の限界、外部
世界を、必要最小限の函数とし
てのみ想定する御隠居様的独立
自尊型政治思想の限界性
をはっ
きり象徴しておりますのが中国
から飛翔してくる大気汚染物質
PM2.5みたいな他者責任型政
治事象への対処法をめぐる問題
群でしょう。

自分の持ち場だけ守っておけば
いい、よけいなお節介はやめて
おこう、面倒くさい議論や衝突
はできるだけ避けたい、そのう
ち時間が解決するだろう、みた
いな風には決していかない

はっきり言ってしまえば、日本
が国家としても民族共同体とし
てもあんぐり口を空け、ボケー
ッとして何もしなかった結果、
隣から汚物が飛んできて突然顔
にブチ当たったという不愉快で
腹立たしい話なのであります。

日本には、長年、経験により培
われた環境問題に関する技術上
及び法整備に関する奥深いノウ
ハウがあり、未経験の後発国が
それを学ぶことで、試行錯誤の
時間と労力を短縮して早期の対
策がとれた筈なのです。

問題はしかし被害者である日本
が加害者である中国に喧嘩を売
り居丈高に文句を言い要求を突
きつけ感情を発散させそれで終
わりという単純な話ではない。

東郷和彦氏がその著書の中でA
級戦犯の政治的歴史的位置ずけ
につき、中国に対する説明責任
を果たすべきことを強調されて
いる文脈
とこの話はリンクする
(後ほど詳しく展開します)

被害者である日本が、今や地球
規模とも称すべき広範囲かつ国
際的なその大気汚染による被害
をくい止めるため、加害者であ
る中国に対し、場合によっては
金を払いつつ、技術や経験を積
んだ人員を供与せねばならない

しかも、私利私欲を超越した次
元での公共的善意が、戦略的意
図の一環としてあるのでは決し
てない、環境ビジネスの売り込
みですらないことを明確に伝え
る、つまり危機に際しての必要
不可欠な措置
である旨、説明開
示義務を十分果たしつつ、日本
の国益のみならず中国自身のた
めにもなる公害防止活動に地道
に取り組まねばななりません。


ヘアーモデル時代

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。