スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅羽通明氏「何もせんほうがいい」政治思想の分析




本日の曲

(文字をクリックすると曲が聴け
ます)

高橋由美子 
コートダジュールで逢いましょう


高橋由美子
そんなのムリ!


昔、高橋由美子のラジオ番組を
聴いていたことがあります。

理髪店をされているお父さんや
家族のエピソードなどプライベ
ートなお話がとてもおもしろか
ったです。アイドル冬の時代に
親衛隊文化の灯火を継続するに
あたり多大な功績があった人物
であり、もっと評価されてもよ
い人だと思います。

さて本日のテーマです。

積極的保守思想と消極的保守思
想という分類項目から類推する
に、たとえば浅羽通明氏の唱え
る「何もせんほうがいい」保守
思想
は一体どちらに帰属するの
でしょうか。一見したところ、
いかにもヤル気のない、萎縮し
た、マイナス指向の語感的イメ
ージがつきまとい後者に分類さ
れるかに見える。しかし私個人
の解釈によれば消極的保守思想
には分類されない。なぜか。

自発的・意志的に無為を選択す
るという政治的決断には、ある
種の主体的積極性と歴史形成力
としての戦略論的ベクトルが含
まれてくる。状況の推移、カオ
ス的生々流転が付け焼刃として
の浅知恵的作為にかすめとられ
今よりさらに悲惨な破局の連鎖
を引き起こしかねない時に「現
状を維持せよ。今の状態でとど
まれ」という静止命令を下し、
事態が沈静化するまで戦略論的
時間稼ぎをするというストッパ
ーとしての役割を担う保守思想

と位置ずけることができるから
です。なし崩し的に、何もでき
ない故に何もしなかったのでは
決してない。むしろ「何もせん
ほうがいい」無為の状態を維持
することには意志的で禁欲的な
忍耐力がいる。案外難しいかも
知れない。

浅羽通明氏の「何もせんほうが
いい」政治思想が提起されたの
は、3.11の地震が起きて、福島
原発の問題で世間が騒然として
いた最中であり、反原発を唱え
る(例えば山本太郎的)左翼への
異論という側面を含んでいた。

浅羽通明氏の言及は満州事変か
ら太平洋戦争へと到る昭和史に
及び陸軍における急進的政治軍
人たちの台頭が「何かをせねば
ならない。このままではいけな
い」と誠実な義憤からとは言え
結果として失敗の連鎖を招いた
歴史上の悲劇を踏まえての発言
だった。浅羽通明氏は書いてな
いが、226事件における昭和天
皇の決断や日本のケインズとし
て最近では経済評論家の三橋貴
明なども高く評価している高橋
是清の経済政策と軍部との葛藤
などもひよっとしたら念頭にあ
ったかも知れない。

「流行神」という極小のメディ
アで発信されてはいたものの、
保守論談としては極めて密度の
濃い考察というのが私の感想。

孫子、クラウゼビッツ、毛澤東
の持久戦論、レジス・ドブレ、
ボーゲンザップ、ワイリー准将
へといたる戦略論戦術論の名著
が必ず説いておりますように、
戦略には、攻撃と防御、前進と
停止、ゲリラ型消耗戦と撤退期
が必ずあるように確かに「なん
もせんほうがいい」「何かをし
てはかえっていけない」時期と
いうのは必ず存在する。

問題なのはその静止命令をどの
時点で下すのか、どの時点まで
維持するのか、そして「何もせ
んほうがいい」状況が「何とか
せねばならぬ」作戦状況へと変
化した場合、作戦変更の時期は
一体いつなのか、「静止状態」
によって獲得された時間差利益
正確に言えば「後発者利益の効
(渦中の混乱した状況下でな
く、だいぶいろんなことが解っ
た段階で、冷静緻密な判断と共
に時間進行に伴う先行者たちの
試行錯誤モデルから最小労力・
最短時間で多く学ぶことができ
る)
」を最大値として観測でき
る計測地点とは一体いつなのか
正確に読み解く必要がある。静
止命令を解除するのはその時点
であり、そこを読み違えないこ
とが最も肝要といえるのであり
状況の推移に応じて作戦計画を
随時変更することは変節でもな
ければ転向でもない当然かつあ
たりまえのことであります


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。