スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大川周明を基礎とせし外交哲学は可能か



本日の曲
(文字をクリックすると曲が聴け
ます)

ピンキーとキラーズ
星空のロマンス


土曜日はいちばん

涙の季節

ピンキーとキラーズは、個人的
に昔から大好きでありまして周
期的にのめり込むという感じで
す。ピチカートファイヴなどに
も大きな影響を与えています。
今聴いてみても違和感なくおし
ゃれな感じがする。歌謡史に残
る偉大なグループだと思います

さて本日のテーマ

元外交官の東郷和彦氏が最新の
「表現者52号」の対談にて述
べておられるように、中国の台
頭という良くも悪しくも巨大な
地殻変動とも称すべき世界史的
変異的事象が現在進行形で起き
ている最中に、日本が独自外交
を進めるにあたり、その基盤と
なるべき世界観において単なる
西欧的価値概念の二番煎じ・ア
メリカ追随型の薄っぺらな価値
観外交を語っていたのでは、中
国とも欧米とも違うインパクト
ある日本の独自文化の持つ魅惑
的磁場
・世界へと向けた吸引力
ある代替不能な情報発信・伝統
美学としてのヴァナキュラーな
訴求力等を発揮し得ないのであ
ります。

あくまでも私個人の考えですが
日本独自の価値観を表出するに
あたり、その有力なヒントたり
うるのが大川周明のとりわけ戦
前に織りなされた思想的営為で
あります。

日本史の概観「二千六百年史」
で大川が述べております歴史的
観点、つまり日本文明形成にあ
たり「正しい理想」「方向性」
とも呼ぶべき独自の編纂作業が
明らかに起源の異なる別個異質
の文化的遺産をして「日本化」
とへと発酵・変容させ、しまい
には模倣が単なる上滑りの模写
でなくなる、つまり純固として
日本にしか存在しない濃密な個
体的要素=他者文明を媒介とせ
し競合的創発文明
へと高めてい
った。

異次元世界としての異文化・異
文明との古代から中世・近代へ
と至る交通関係・緊迫や葛藤の
混じり合う複雑な対抗形成プロ
セスにおきまして、日本独自の
文化・文明の創発にあたり、そ
の触媒として何が本質的に重要
であったのか、なかったのかそ
の歴史的洞察と解析作業にあた
り大川周明の展開した史的論述
の数々はーー岡倉天心から多大
なヒントを獲得しているとはい
えーー天才的ひらめきに満ち満
ちております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

栃木の仙人

Author:栃木の仙人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。